歯並びが悪いために生まれる様々なトラブルを矯正歯科で解消

歯の治療を受ける大切さ

院内

自己判断で虫歯治療を途中で止めて放置すると、次なる歯のトラブルが続々と出てくるので、放置が招くトラブルを知っておき、そうならないためにも最後まで加古川市の歯医者に通院し治療を受けましょう。

More Detail

虫歯の段階

歯型

虫歯は段階に分けて治療方法が異なるので、どの段階がどういった治療方法になるのかを知っておきましょう。知っておくと、豊橋の歯科検診で自分の歯の状態を素早く知ることができるでしょう。

More Detail

歯の矯正でトラブル回避

口元

歯を矯正する人の目的は、綺麗な歯並びを手に入れたいと考えている方がほとんどでしょう。しかし、矯正には歯並びを整えるだけではなく、歯に起こっているトラブルを軽くすることや、回避することもできるのです。
その回避できるトラブルは、開咬です。開咬とは、口を閉じても上下噛むことができない部分がある状態のことを言います。この開咬になる原因は幼いころ指しゃぶりが癖だった方や、生まれつき骨の異常など様々です。特に前歯が開咬になっている方は、食事をするときに奥歯で全て噛むようになってしまうため全ての力が奥歯へとかかってしまいます。そのため、奥歯の表面がすり減って虫歯へと変化したり、さらには歯周病へと進行したりします。そういったことを防ぐために矯正歯科で歯並びを整える方法があるのです。他には、叢生といって、歯が綺麗に平行に並ばずに歯と歯がジグザグに生えてしまう状態があります。子供の時にこの状態を放置すると、後から生えてくる永久歯が生えるスペースが狭くなり増々歯並びが悪くなってしまうでしょう。またそれをさらに大人になってもそのままにしておくと、歯と歯の間に磨き残しが多いために歯石や歯垢が溜まり虫歯や歯周病の原因となるので、子供の内に早めに矯正歯科で治療を受けるべきです。他に遺伝が原因の出っ歯や八重歯、反対咬合も歯並びを矯正することで解消できるトラブルなので、放置せずに他の新たな病気になる前に早急に治しておきましょう。

セラミック治療の必要性

歯の治療

歯並びが悪いと、人と話すことも嫌になりますが、虫歯になりやすく歯の健康にも悪影響を及ぼしますので、練馬区で受けられる最新の矯正歯科治療にはどんな方法があるのかを知っておくべきです。

More Detail