歯並びが悪いために生まれる様々なトラブルを矯正歯科で解消

虫歯の段階

歯型

豊橋市の学校の歯科検診を受けると、よく医者がC1、C2といった私たちにはよくわからない言葉を喋っているのを聞くでしょう。これは、虫歯の進行度合いを言っているのです。虫歯の度合いは4段階に分けており、また数字が大きいほどに歯の状態が悪くなっていることを表しています。まず、C1は、初期虫歯の段階で、歯の表面を覆っているエナメル質にわずかな穴が空いている状態です。しかしいくら初期と言っても虫歯になっているため自然に治ることはないのでこの段階であってもきちんと豊橋の歯科クリニックで治療をうけましょう。治療日数もこの程度であれば短期間で終わるので安心してください。次に、C2の状態は、虫歯がエナメル質を越し、象牙の方まで進行している状態をいいます。この状態になると自分自身でも虫歯があるかもと自覚している方が多いでしょう。象牙まで虫歯が進行すると、食事の際にしみたり、痛みを感じたりと症状が出てくるので自分でそう感じたら早めに豊橋の歯科クリニックへ行き治療を行いましょう。この状態を放置しておくとさらに虫歯はC3の段階へと進みます。C3になると歯の髄の方まで進行しているため、これまでとは違う激痛が襲い、さらには炎症を起こし歯茎が腫れてくるでしょう。こうなると治療の時にも痛みが伴うので覚悟しておきましょう。最後にC4の段階まで進行すると、虫歯は根まで達し、抜歯するしかなくなりますので、歯を失いたくないのであれば遅くても自覚症状が出てくるC2の段階で豊橋内の歯科クリニックへ行き、治療をするようにしてください。